パチンコのノリ打ちって実際どうなの?ルールや、有利なのか?不利なのか?を解説します

4円パチンコの台を確保した画像

最初カップルでパチンコを楽しむ光景をよく見かけますよね。私もよく彼氏とパチンコに行くのですが、その時にノリ打ちというやり方でやっています。今回はノリ打ちとは?そして、有利なのか不利なのかをお話ししていきます。

ノリ打ちとは?

ノリ打ちとは、
2人以上で収支を折半する打ち方です。
 
私はよく彼氏とパチンコを打ちに行くのですが、
ノリ打ちをしています。
これは通称「2ノリ」というものです。
 
 
私達の【ルール】は・・
 
・相談して軍資金額を設定(1~2万)
 
・1つの台に絞り交互に打つorそれぞれ台を決め打つ
 
・状況に応じて出玉の運用
 
・状況に応じて片方の台の投資をストップ
 
・勝ち額を折半(50%)する

 
というルールでやっています。
 
では、このノリ打ちは実際どうなのか?
メリット・デメリットを挙げていきたいと思います。
 
カップルや夫婦でパチンコをする際に
ぜひ参考にしてみてください♪
 
 

パチンコ ノリ打ちの有利な点

 
まずは、
ノリ打ちのメリットを3つ挙げていきます。
 
 
①軍資金を抑えられる
 
どちらかが先に当たった場合において、
その出玉を使って片方が現金を使わずに
追加投機することができます。
(出玉交換できる店舗に限る)
 
その為、軍資金を抑えることができます。
 
 
②共に一喜一憂できる
 
ノリ打ちでない場合は、
片方が勝ったり負けたりすると
なんだか気まずい空気になってしまいがちです。
 
しかしノリ打ちであれば
嬉しいときも悲しいときも共有することができます!
 
ちなみに私は彼氏と行くときに
個人プレイだと毎回険悪ムードになってしまっていがちでしたが、
このノリ打ちを始めたことで喧嘩が減り
パチンコを更に楽しめるようになりました(笑)
 
 
③連チャン台を引く可能性が高い
 
その日の内に連チャンして
大きく伸びる台を見かけることがありますが、
 
ノリ打ちをする事によって
その台を引き当てる可能性を上げることができます。
 
自分でなくても、
片方が連チャン台を引き当ててくれればいいのです♪
 
 

パチンコ ノリ打ちの不利な点

 
次に、ノリ打ちのデメリットを3つ挙げていきます。
 
 
①個人戦の方が良かった場合がある
 
自分の初当たりが早く投資額を抑えることができたとしても
パートナーが予定軍資金を使い切ってしまい、
投資額を抑えられた意味がなくなってしまいます。
 
(途中、軍資金で追加投資するか、出玉を共有するか、パートナーにストップしてもらうかの作戦会議が必要)
 
そして、この場合は、
折半でなく1人で勝負した方が良かったと後悔してしまいます。
 
 
②1人暇になる場合もある
 
片方が連チャンしている中で
もう片方は予定軍資金を使い切ってしまった場合や
作戦会議で一旦ストップを命じられた時に暇になってしまいます。
 
(しかしメリットでも記述したように
出玉次第で出玉を運用して対応する場合もある)
 
 
③大勝ちしにくい
 
同時スタートするため、
軍資金が減るスピードも2倍となります。
 
よって必然的に投資額が上がる可能性は高くなります。
 
なおかつ勝ち分も50%になるので、
大勝ちの可能性が下がってしまうのです。
 
(例)軍資金・・2万
   回収・・・3万
   収支・・・1人5000円プラス
 
これはあくまで例ですが、
自分の台が連チャンしたおかげで3万勝ったのに
これだけかよ~とかなり萎えることもあります(笑)
 
 

まとめ

 

今回はノリ打ちの
メリット・デメリットをお伝えしました。
 

ノリ打ちは、
比較的負ける可能性を減らすことができるという最大のメリットがありますが、
勝ち額が50%になり、なおかつ投資スピードも2倍になってしまうので稼ぎづらい部分もあります。
 
もしも挑戦するのならば
どちらか一方が連チャンする台を引き当てることが肝となります。
 
そしてノリ打ちするパートナーや仲間と
仲間内のルールをしっかり決めて守り実践することが大切です!
 
カップルや友達などでパチンコをする際は
ぜひノリ打ちを試してみてくださいね♪

Posted Date: 2019/01/21

   
ギャンブルラブ のトップページへ